部品・アクセサリー

空調機器でありながら豊富なデザインとテイスト 〜 優れた家具 〜
商品一覧ページへ

シーリングファンは、メーカーによって施工方法が異なりますのでご注意ください。
ハンター社シーリングファンの施工には電気工事士の資格が必要です。(当店では承れません)
施工方法の詳細につきましては、製品に同梱している取扱・施工説明書をご確認ください。

設置場所について

■ 設置面の強度を確保する ■

シーリングファンは羽根の回転に伴い回転力が加わります。取り付け場所には、本体の約10倍の荷重に耐えられる強度を確保してください。 補強確認は工務店にご相談ください。 また、壁面・規定角以上に傾斜した天井・不安定な場所・振動や衝撃の大きい場所、補強の薄い場所(ベニア板や石膏ボード)には取り付けないで下さい。


■ 壁コントローラについて ■

オプションの壁コントローラはファン1台に1個使用します。

壁コントローラ許容電力:ファン=合計150Wまで  照明:合計300Wまで

配線材・スイッチボックスは付属していません。 市販品を使用してください。
配線材は φ1.6 または φ2.0 で単線を使用してください。


image

※施工は電気工事士の資格者が行ってください。

本体は、必ず 図(1) のそれぞれの寸法が確保される場所に取り付けるようにしてください。


image

傾斜した天井の場合は、一部の機種を除き、
図(2) の通り、34度までの取り付けが可能です。

オプションの アングルマウント(品番:17321981-112) を使うことにより、最大45度までの傾斜天井に取り付けが可能です。

引掛シーリングや引掛ローゼットには取り付けられません。 これらの器具がすでに設置されている場合は、取り外してから施工してください。


■ シーリングファンの高さ調節について ■

天井が高い場合、ダウンロッド(別売)を使ってシーリングファンの位置を調節することが出来ます。 天井が低い場合、製品に同梱されている短いダウンロッドを使う「フラッシュ取付」が可能です。 ※一部フラッシュ取付に対応していない製品があります。

» ハンターシーリングファンの詳細に戻る

ページトップへ